2015年 6月 09日

安全保障関連法案の審議

投稿者: ai カテゴリー: ブログ

“国は、国力に応じた軍事力を持つべき。”
これは私の持論です。

安全保障関連法案をめぐり、
連日、与野党の攻防が続いています。

しかし、野党の中には
重箱の隅をつつくような質問をしたり、
あげ足をとったりして、
法案の本質的な議論が
十分に出来ていないように感じる場面が
安全保障関連法案の審議
多々あります。

中国による軍事的挑発は、
ここにきて ますます高まっています。
平和と安定を維持するために、
抑止力を利かせていく事は当然の措置です。
その為にも 同盟の抑止力強化は、
重要な事だと思います。

また野党側は
「この法案が通れば、
 自衛隊員が負うリスクが増大し、
 戦争に巻き込まれる!」
「戦争法案だ!」などと 訴えています。

しかし 法案の目的は、
戦争を避け、平和を維持する事であり、
「 戦争をしないため」の法案です。
また、自衛隊員のリスク “だけ” を考えるのではなく、
“国民全体” のリスクを考えて議論すべきではないでしょうか。

国際情勢は、日々、激しく動いています。
特に隣国の脅威は、目を見張るものがあります。
このような国際情勢の下で、
我が国の領土領海、国民の生命財産を護るためにも、
安保法制の整備は シッカリと進めるべきです。

コメント (1)


  1. 阿修羅軍曹June 10, 2015 at 16:25:05

    何故野党、反対派がしきりに

    「自衛隊員が負うリスク」 「自衛隊員の命」

    を声高に叫ぶのか? ふと気付かれた方も多いと感じます。
    昭和期から平和主義者、ハト派リベラルの面々は自衛隊員を
    差別する事に意義を感じてきたのでは?

    「やべぇ!教室で自衛官の子供を差別するんじゃなかった!」

    (声の出演:団塊日教組)

Leave comment