2015年 5月 25日

防災は日ごろの備えから!

投稿者: ai カテゴリー: ブログ

先週末、災害対策を強く意識する行事に
参加して参りました!

まず23日(土)は
杉並消防団ポンプ操法大会が開催されました。
杉並消防団ポンプ操法大会
大会に出場する選手は
出勤前の早朝や仕事の後の時間を割き、
何ヶ月も前から練習を重ね 大会に挑みます。
そのため どの分団の操法も練度が高く、
とても迫力のあるものでした。

その中でも、私の所属する第5分団は、
特によかったかな!身内のひいき目!(笑)

消防団は
「自分達の街は、自分達で守る!」と言う
高い志をもって 活動しています。
いざ大規模災害が発生した時、
地域の特性やご近所の家族構成などを
知っている消防団員は
何よりも頼りになる存在です。

私も消防団員の一員として、
改めて その任務の重要性を再確認しました。

そして、24日(日)は
私が所属する 災害対策特別委員会の視察として、
杉並区、消防庁第四消防方面合同水防訓練に
災害対策特別委員会視察
参加して参りました。

近年、ゲリラ豪雨が増加しています。
杉並区では平成17年9月、平成20年8月に
局地的集中豪雨の発生により、
多数の床上浸水等、広範囲に及ぶ水害が発生しました。

台風やゲリラ豪雨が発生しやすい時期を前に、
区や消防関係団体、町会などと連携して、
積土のう工法などの水防工法訓練や救助訓練等、
実践的な水防訓練を実施することは
とても重要だと感じました。

今日も埼玉県北部を震源とする地震が発生し、
茨城県土浦市では 震度5弱を観測しました。

災害はいつやって来るとも分かりません。
日ごろの訓練と防災意識が大切だと、
改めて痛感しました。 

コメント (0)

コメントはまだありません。コメントを投稿してみませんか?

Leave comment