2015年 5月 18日

大阪都構想、反対が上回る!

投稿者: ai カテゴリー: ブログ

「大阪都構想」の賛否を問う住民投票。
結果は反対が70万5,585票、賛成が69万4,844票。
その差はわずか1万741票でした。

また、この結果を受け 橋下徹大阪市長は、
大阪都構想、反対が上回る!
今年12月の任期満了をもって、
政界から引退することを宣言しました。

実に潔い!
賛否両論、議論を呼ぶ人ではありますが、
自分の考え方、主義主張をしっかり表し、
その結果責任を自分で取る…と言う行動は、
評価されるべきだと思います。
個人的には、
政治家として 橋本市長から学ぶところは、
沢山あるように感じました。

さて、今回の住民投票によって、
行政が抱える多額の借金など、
大阪市の問題が明るみになりました。
しかし、これらの問題は大阪市だけではなく、
各地方自治体にも言える問題かも知れません。

そのような問題提起が出来たことが、
この住民投票の大きな意義だったのではないでしょうか。

コメント (1)


  1. 阿修羅軍曹May 19, 2015 at 15:35:29

    歴史に残る名勝負でした。

Leave comment