2015年 3月 23日

道徳教育の教科化

投稿者: ai カテゴリー: ブログ

文部科学省が
平成30年度からの導入を目指している
道徳の「特別の教科」化。

昨今、未成年者が被害者や加害者になる
痛ましい事件が続いています。
道徳教育の教科化
そういう背景を鑑みると、
相手に対する思いやりを学び、
自分も他人も大切にする心を養うために
教科として「道徳」を学ぶ事は
良いコトだと思います。

しかし。
正しい道徳を教えるためには、
教える側が
キチンとした正しい道徳心を
身に付けていることが必要です。
教職員に対する道徳教育への研修こそが、
まずは重要なのではないでしょうか。

道徳というのは、
ある意味、教えるのが一番難しい教科です。
教える側の考え方や言葉の使い方ひとつで、
生徒への伝わり方が ガラリと変わってしまいます。

新聞などの記事を見ていると、
「道徳教科化の賛否」
「道徳に評価をつけること」などは
話題になっているけど、
あまり “教える側に対する責任や課題” は
取上げられていないように感じます。

私は 教職員に対してこそ、
まずは 正しい道徳心を身に付けて頂きたいと
思っています。

コメント (0)

コメントはまだありません。コメントを投稿してみませんか?

Leave comment