2015年 1月 17日

阪神淡路大震災から20年

投稿者: ai カテゴリー: ブログ

平成7年1月17日05時46分、
淡路島北部を震源とする
マグニチュード7.3の地震が発生しました。

この地震による被害は、
死者6,434名、
阪神淡路大震災から20年
行方不明3名、
負傷者43,792名、
住家全壊104,906棟、
住家半壊144,274棟、
全半焼7,132棟と甚大な数にのぼりました。

阪神・淡路大震災から20年目を迎えます。
その頃 私はまだ学生で、
朝のニュースを見て、
その映像に衝撃を受けた記憶があります。

あの日から20年。
この大震災の経験と教訓を忘れることなく、
地域や世代を越えて
伝え続けなければなりません。

そして、
近い将来 発生すると言われ、
甚大な被害が想定されている
首都直下型地震や南海トラフ巨大地震に
備えなくてはなりません。

20年前の被害を様々な形で活かし、
被害を最小限に留める。
それが、20年後を生きる
私達に課せられた課題ではないでしょうか。

コメント (1)


  1. 阿佐ヶ谷太郎January 18, 2015 at 00:47:04

    阪神・淡路大震災から20年も経っているのに、杉並区民は未だ道路の拡幅など、防災減災に協力せずに過ごしている。

    首都直下型地震が起これば間違いなく火災が起こる。

    杉並区民、特に高円寺、阿佐ヶ谷付近は住宅密集地であり、火元となるだろう。

    周辺地域は迷惑だ。

    延焼したならば責任は負うのだろうか。

    誰の責任

    阪神・淡路大震災、東日本大震災の教訓は活かされない。

    議員さんは視察と称して旅行も良いが、役に立たない視察報告よりも先ず実行をお願いする。

    条例の改正をしても直ぐに改善される訳でもない、あれから20年、杉並区の議員は何をしてきたのだろうか。

    4月に統一地方選挙がある。

    さて、我々有権者は誰を議員として雇えば良いのだろうか。
    良く考えなければいけない時期に来ている。

    杉並区で安心安全な暮らしが出来る環境を導いてくれる人格者を選ばなくては、我々杉並区民の明日はない。

    ですよね、吉田あい議員

Leave comment