2014年 11月 11日

第四回定例議会が始まります

投稿者: ai カテゴリー: ブログ

平成26年第4回定例会が、
11月18日(火)午後1時から開会します。

今回の議会では
「杉並区行政財産使用料条例の一部を改正する条例」
「杉並区難病患者福祉手当条例の一部を改正する条例」
「杉並区職員の勤務時間、休日、休暇等に関する
 条例の一部を改正する条例」などのほか、
平成26年度一般会計補正予算第3号が
第四回定例議会が始まります
上程される予定です。

補正予算では
特養ホームの整備に向けた経費、
待機児童解消のための
保育室整備にかかる改修費のほか、
生活保護費の実績増による増額、
小学校のデジタル教科書の購入経費など、
7億9,190万円余が計上されます。

今回の補正で 金額が大きいと感じたのは、
生活保護費増額分に充てられた3億円です。
世帯数は さほど増えていないが、
医療費が増えているためだと言います。

杉並区の予算の中で
生活保護費が占める割合は約150億円余。
これは 大まかに言って一般会計の約一割です。
このまま生活保護費が増大することは、
無視できない課題でしょう。

生活保護は、最後のセーフティネット。
本当に必要な人に、適正に使われるべきです。

それと同時に、
病気やケガが回復し、
働ける状態になった方には、
一日も早く生活保護から抜け出し、
自立できるための支援を
さらに充実させていかなければなりません。

区議会は私達の もっとも身近な政治の場です。
ぜひ傍聴にいらして下さいね♪

コメント (1)


  1. なみすけNovember 16, 2014 at 20:50:42

    解散総選挙で税金が700億円掛かるそうですね…?

    選挙を遣ったつもりで、地方に配分するようにお願いしてください。

    宜しくお願いします。

    吉田議員のファンです。m(_ _)m

Leave comment