2014年 11月 03日

中国船によるサンゴ漁問題

投稿者: ai カテゴリー: ブログ

東京 小笠原諸島周辺で問題化している
中国漁船によるサンゴの密漁。

先月末には
中国のサンゴ漁船とみられる
200隻以上の外国漁船が確認され、
海上保安本部が取り締まりを強化しています。
中国船によるサンゴ漁問題

排他的経済水域どころか、
我が国の領海にまで侵犯して来ている状況。
国際的な常識に照らし合わせても、
毅然たる態度(逮捕、拿捕)で対応して
然るべきです。

これは 日本の国益と言う観点からだけでなく、
貴重な自然保護の観点からも重要な事でしょう。

中国船の船員が上陸する…などの事態に備え、
警視庁の警察官が小笠原村に派遣されました。
しかし、人の住む島のそばで密漁が行われ、
島民の間には 未だ不安が広がっています。

国は 中国に遺憾の意を伝えるだけでなく、
もっと抜本的な対策に乗り出すべきです。

コメント (3)


  1. 阿修羅軍曹November 04, 2014 at 14:54:48

    赤サンゴの密漁。

    不思議な事にグリーンピース、シーシェパードをはじめとする環境保護団体がどこも抗議声明を発していません。 (棒読み)

  1. マレーの虎November 04, 2014 at 21:32:39

    拿捕は不要!

    漁船は没収!

    スクラップにせよ!

    支那人は下着一枚で帰せ!!

  1. マレーの虎November 06, 2014 at 19:23:30

    思考を変えて、珊瑚漁を許可する換わりに、漁業料?って言うのかな、破格の料金を徴収したら如何でしょうか?

    罰金になると角が立つでしょ!

Leave comment