2014年 10月 22日

言論の自由とは…

投稿者: ai カテゴリー: ブログ

先日「在日特権を許さない市民の会」(在特会)と
面談した橋下徹大阪市長。

その様子をTVで見ました。
向き合って座った二人の面談は、
最初から お互いに罵り合って、
大人げない…と言う印象でしたね。

言論の自由とは…
それぞれ自分が
正しいと信じる主張があるはずです。
もっと冷静に、
相手に理解してもらえるよう
建設的に持論を説けば、
また違った展開になっていたのでは
ないでしょうか。

デモや街宣活動で
自分の主張を述べることは
言論の自由として認められています。
だからと言って、
何を言っても良いと言う訳ではないと思います。

「ヘイトスピーチ」と呼ばれる
相手を憎悪するような表現、
人種差別的な発言は やはりダメです。
また、デモや集会などで
相手の国の国旗を燃やしたりする
「ヘイトパフォーマンス」と呼ばれるものも、
また然りです。

主張するときには、
やはり一定のマナーを持って
聞いている人が不快にならないように
最低限の配慮するべきですね。


コメント (1)


  1. 阿修羅軍曹October 23, 2014 at 18:07:46

    TVと違い全尺無編集の長さで見たユーチューブ他動画での対談は更に嫌になる内容でした。
    私も宗教勧誘の方などと同様の会話をした経験がありますが共通した価値観が存在します。

    「私には言論の自由がある。 だが貴方の言論の自由は認めない」

    という強い中華思想です。
    そう言ってしまったらヒトラーも始皇帝もアグネス・チャンも歴史上の有名人は皆そうなのかもしれません。

    「口で言い返せばいいだろー」
    「だって本当の事だろー」

    と喝破する古き良き時代の悪ガキは皆高潔な人格者でした。

Leave comment