2014年 10月 10日

生活保護世帯への塾代助成の質問

投稿者: ai カテゴリー: ブログ

今回の決算特別委員会の中で
さまざまな会派から質問に上がったのが、
「生活保護世帯への塾代助成」でした。

自民党など保守系の会派は
公平性への疑問、
助成でなく貸付にすべきだ…との意見が多く、
いわゆる革新系の会派は、
貸付でなく 助成を続けるべき!と言う
意見が多くあがりました。

私は生活保護世帯への塾代助成は、
疑念を感じています。
なぜなら生活を切りつめて塾代を捻出している
一般家庭~低所得の家庭の方が、
不公平を感じるのではないか?と思うから。

お父さんのお小遣いを減らしたり、
お母さんがパートに出たりして
なんとか塾代を捻出し、
やっと塾に通わせているお宅も多いと思う。
そう言ったご家庭の苦労を考えると、
塾代を区が出す…と言うのは 如何なものでしょう?
生活保護世帯への塾代助成の質問

貧困の連鎖と言う言葉があります。
負の連鎖から子供達を守るためにも、
教育的支援はとても重要です。

しかし、税金を投入する以上、
絶対に不公平感があってはいけない。
本当に塾代助成が必要かどうか、
シッカリと検証をおこない、
その成果を見極める必要があります。

と言うか。
そもそも高校受験って、
塾に通わなければならないのでしょうか。

私は 塾に通わなくても
十分に高校受験に対応できる学力を、
すべての生徒に身に付けさせることこそ、
公立中学の役割だと思います。

また、勉強も大切ですが、
それと同じくらい 子供達が社会に出た時に
自分の力で困難を乗り越え、
未来を切り拓けるような知恵と自立心、
たくましさを育むことも大事です。

杉並区の子供たちには、そんな子に育って欲しいです。

コメント (5)


  1. 虫嫌いのなみすけOctober 10, 2014 at 20:34:13

    あい先生、全くその通りだと思います。

    小学校、中学校でしっかり勉強を教えれば、塾に通う必要は無いです。

    塾に通う為の費用であれば、自治体は貸付にするべきです。
    税金ですからね!

    しかし、塾に通っても…

  1. 阿修羅軍曹 (永遠の不況)October 11, 2014 at 15:56:09

    生活保護世帯への公費での塾代助成…。 それだけのお金がある。

    失われた20年だ、共産中国に追い越されたと散々言われつつも
    日本って今でもごっつう経済大国なんですね。

  1. あいOctober 11, 2014 at 21:16:30

    今回の決算委員会では、たびたび塾代助成の質問が出ました。

    いくら生活保護世帯だからと言って、
    塾代15万円を区が出すのは、やはり疑問を感じます。

    生活保護世帯にはいろいろな支援制度があり、
    生活保護にかからないギリギリの低所得世帯には支援がない。
    だったら頑張って働かないで、生活保護を貰った方が得じゃないかー!
    …なんて考える人が、出てこないとも限りません。

    区立中学にクーラーも入りました。
    夏休みには補習授業をやっています。
    高校受験は塾に行かなきゃ太刀打ちできないンだ!
    などと思わずに、頑張ってほしいですね!

  1. 虫嫌いのなみすけOctober 14, 2014 at 06:40:55

    お父さんの小遣い…とありますが、お財布は、お母さんが管理した方が良いのでしょうか…?

  1. 小遣いを削るおじさんOctober 31, 2014 at 13:11:56

    平均的な所得の半分を下回る世帯で暮らす18歳未満の子供の割合を示す「子どもの貧困率」が平成24年時点で16・3%と過去最悪を更新だそうです。

    生活保護世帯の親にもし大きな自己責任があったとしても、子供は親を選べません。
    親の貧困が子供に連鎖しない最低限の歯止めが、学習支援ではないのでしょうか。
    学習意欲がある子供たちが、将来貧困を断ち切ってきちんと働き、税金を納めてくれるのならば決して高い投資ではないのではと思いますが。

    「生活保護を受けている親の子供たちが、一般家庭と同じように生活するのは許せん」と言っているのに等しい物言いかと思います。

Leave comment