2010年 2月 21日

防災・防犯に力を入れる街・杉並区

投稿者: ai カテゴリー: 政策

防犯用監視カメラの増設

現在、杉並区ではあらゆる犯罪防止の為、商店街などに防犯カメラを設置しています。
しかし、凶悪な事件が増えつづける昨今、全体的にはまだ足りません。公園や通 学路、さらには夜間人通りの少ない路などにも設置し、犯罪の抑止力効果を高める必要があります。

阿佐ヶ谷・高円寺地区の防災まちづくり

杉並区の東部、阿佐谷南、高円寺北南は、大規模地震の建物損壊危険度、木防建ぺい率、道路閉塞危険度がいずれも高く、災害時の被害が最も心配される地域の一つです。だからこそ、大規模震災や同時多発火災に強いまちづくりを進める必要があります。

消防団への一層の支援!

火災の際、消防署員とともに現場に駆けつけ、私達の大切な生命と財産を守ってくれる消防団員の皆さん。
生業を持っている傍らで、ひたむきに地域に貢献する姿は、ただただ頭が下がります。
しかし、今、消防団員が放水訓練などを行う練習場所が足りていません。
安心安全な街づくりの観点からも、消防団員の練習場所の確保等、しっかりとしたサポートが求められます。

コメント (0)

コメントはまだありません。コメントを投稿してみませんか?

Leave comment