ブログ

2020 12 09

保健福祉委員会が開かれました

投稿者: ai カテゴリー: ブログ

本日は第四回定例議会を延長し、
保健福祉委員会が開催されました。

委員会の内容は
「新型コロナウイルス感染症の区内流行状況 及び
 保健所の取組みについて」です。

20201209-0722covid19a3.jpg
夏が過ぎて以来、
落ち着きを見せていた陽性患者数は
11月になると 増加傾向が強まり、
区内でも
学校施設や病院等で クラスターが発生しています。
最近の患者発生者数は1日あたり 10名以上で
20名を超える日も出てきました。
11月20日には 1日あたりの発生者数として
過去最高となる31人となり、
予断を許さない状況にあります。

そのような背景のもと 杉並区では
補正予算(第10号)を組み、
1.入院患者受入医療機関に対する 新たな補助制度を創設。
区内基幹4病院に対し、
・院内感染対策と
 医療従事者の適正配置に必要な経費の一部を助成
・1日のうちに コロナ専用病床を利用した
 入院患者1名に対して 1万円を助成
する事となりました。

20201209-668a0f228be4b9e81f2a16e22305992b.jpg
2.検体採取を実施する医療機関に対する
新たな補助制度を創設します。
・従事者の感染等により休業等を行った期間中の
 必要経費の一部を助成
  診療所…1日につき58,000円
  病院…1診療科につき…182,000円


また、保健所の体制としては
新型コロナウイルスワクチン接種事業開始に向けた
体制の構築に取組んで行きます。
※ワクチン接種は、令和3年2月以降の予定

本格的な厳冬期を控える中、
引き続き 感染予防に取組んで行きましょう!

Leave a comment

2020 12 02

ローマ教皇の発言…

投稿者: ai カテゴリー: ブログ

ローマ教皇は12月1日発売の著書の中で、
「私は迫害されている人々のことを しばしば考える」とし、
ミャンマー・イスラム系少数民族ロヒンギャ、
イラク・ヤジディ教徒、
新疆ウイグル自治区・ウイグル族の人権について
言及しました。

これに対し中国政府は
「ローマ教皇フランシスコの
ウイグル族に関するコメントには
全く根拠がない。」と 反発を強めています。

20201202-gettyimages-1177714700-e1574228834171-1600x900.jpg
世界の主教指導者の中でも
最高峰の一人…と言われる ローマ教皇。
その方が このような発言をすると言う事は、
たとえ自分が キリスト教徒でなくても
それなりのインパクトがあったと思います。

これまで中国が
香港に行ってきたことを鑑みれば、
ローマ教皇がおっしゃるように
中国が ウイグル族に対し
非人道的な事を行っている…と言う疑惑は
簡単には拭えません。

もし「全く根拠がない」と言うのならば、
新疆ウイグル自治区に
第三者の国の調査団を受け入れて、
自らの潔白を証明するべきでしょう。

人権に対する意識は、年々 高くなっています。
杉並区でも人権啓発に取り組んでおり、
特に 子供達には
人権教育推進に向けた取組みを行っています。
一人ひとりの意識が高まり、
他者への弾圧や迫害が 無くなる世界となりますように。

Leave a comment

2020 11 30

災害対策・防犯等特別委員会

投稿者: ai カテゴリー: ブログ

今日は災害対策・防犯等特別委員会が
開催されました。

報告事項は以下の通り。
・杉並区総合震災訓練の実施結果について
・水防活動状況について
・杉並区地域防災計画(令和3年修正案)の
 策定について
20201130-5-3.jpg
・道路等の除雪について

特に 私が注目したのが、
「杉並区地域防災計画(令和3年修正案)の
策定について」です。

今回の策定は、
地域防災計画(震災編・風水害編)について、
区が実施した地震被害シュミレーション等からの
新たな課題の検討状況や
都の地域防災計画の修正等を踏まえ、
修正したものです。

例えば
「発災後、3日間を乗り切れる体制の構築」
「地域性を考慮した共助の仕組みの構築」
「新型コロナウイルス感染症対策の強化」
「平成30年7月豪雨、
 令和元年東日本台風等の対応等の具体化」
…など 所要の施策を追記し、
さらに 東京都の
「地域防災計画 令和元年度修正」等の計画との
整合性を図ったものです。

20201130-6-3.jpg
また、今回の減災目標
「首都直下地震による死者ゼロを目ざす」の中に
「災害関連死をなくす」と言う項目も
新しく追加されました。

近いうちに必ず発生すると言われている
首都直下地震。
近年の想定を超えるゲリラ豪雨や台風等の風水害。
災害対策は 非常に重要です。
区民の生命問と財産を護るためにも
防災計画の内容を幅広く周知し、
区や関係機関・団体との連携強化だけでなく、
さらに 区民の防災意識を高める事も大切です。

私たち一人ひとりが、イザ!と言う時のために
備えましょうね!

Leave a comment

2020 11 26

AIロボット「ユンジ セイル」in杉並区役所

投稿者: ai カテゴリー: ブログ

今、杉並区役所の玄関には
「セイルちゃん」と言う可愛いロボットがいます。

杉並区では 民間事業者と協力して
AIロボットによる来庁者の案内業務の
20201126-dsc_0111.jpg
実証実験を行っています。
AI等の新たな技術を活用することで
区民サービスの向上や業務の効率化の可能性を
検討します。

タッチパネルで行き先を指定すると、
ロボットが人や障害物を避けながら
スイイ~ッと動いて
利用者をその場所まで案内してくれるンですよ。

杉並区役所にお越しの際には、
ぜひぜひ体験してみてくださいね♪♪

Leave a comment

2020 11 19

「選択制夫婦別姓制度」

投稿者: ai カテゴリー: ブログ

結婚後に夫婦が同じ姓を名乗るか、
それぞれの姓を そのまま継続する別姓か?
それを選択できる「選択制夫婦別姓制度」。
いろいろな意見がありますね。

結婚後も
自分の生まれ育った姓を名乗ることが出来る
「選択制夫婦別姓制度」ですが、
私は慎重な考えを持っています。

もしも同じ家庭の中で
両親、祖父母、兄弟…の姓がバラバラだったら…。
やはり混乱を来すのではないでしょうか。
20201119-450-20160901174911300883.jpg
しかも、そのご夫婦が離婚したら?
その後 再婚し、ステップファミリーになったら?
うーん…それこそ 大混乱!?
表札なんか、どうなっちゃうンだろう??

日本には家族を “一つの共同体” とみる傾向が
根付いているように感じます。
これは、芸能人の子供が不祥事を起こすと、
親が芸能活動を自粛したりする…って事にも
表れていますよね。

一方、夫婦別姓には
家族や親族といった共同体よりも
個人の考え・個の主義主張を優先する
個人主義的な意味合いが強いように思います。

そう考えると、
「夫婦同姓が家族の一体感を生む」という意見に
私は ごく単純に共感してしまいます。

仕事をしていく上で、
旧姓の方が都合がよい…との声を耳にします。
実際、私もその意見には賛成です。
なので “通称名” が さらに広く認められるように、
まずは社会的理解を高めるべきと考えます。

その上で そもそも “結婚とは何ぞや?” を考え、
国民的議論を進める必要が あるのではないでしょうか。

Leave a comment